おでこのしわ予防と対策に役立つ栄養素・成分一覧記事一覧

 

L-システインは、もともとアミノ酸の一種なのでわたしたちの皮膚や髪の毛、爪などを構成している物質だということができます。なので新しい皮膚や髪の毛の新陳代謝、ターンオーバーを考えても欠かせない物質です。とくに美肌との関連でいうと、シミやそばかすを予防する効果ももっています。紫外線を浴びると、肌の防御反応としてメラニンが生成されますが、このときにはたらく酵素がチロシナーゼといわれるものです。L-システ...

 
 

たんぱく質を構成するアミノ酸は、生きていく上で必要不可欠な成分として知られています。特に、体内で生成することが出来ないもんは必須アミノ酸と呼ばれており、食品から摂取しなくてはなりません。DL-メチオニンもその内の一つで、肝機能の向上やアレルギーの原因となるhistamineを抑制するなどの効果があります。逆に、DL-メチオニンが欠乏した場合は、肝臓の機能が低下してしまうために、血中のコレステロール...

 
 

ローヤルゼリーとは働きバチから作られる成分で、働きバチが花から集めてきたハチミツと花粉を体内で分解し、消化したものがローヤルゼリーとなります。働きバチの唾液腺から分泌される乳白色の液体で、別名「王乳」とも呼ばれています。なぜその名が付けられたのかというと、女王バチだけが食べることができる特別なハチミツだからなのです。これを主食にしている女王バチは寿命が長く、体内を活性化させる効果を得ていることが知...

 
 

アスコルビン酸(ビタミンC)は合成されたビタミンCです。天然のものとの違いは「合成されたかどうか」という点だけで、化学式にすると全く同じものになり、サプリメントなどでは天然のものよりも安く購入できるのが特徴です。アスコルビン酸(ビタミンC)の効果は代表的なものでは美白や抗酸化作用です。シミの原因となるメラニンの合成を抑えたり、すでに出来ているメラニン色素を薄くしてシミを目立たなくしたり、身体をさび...

 
 

ビタミンE散は酢酸トコフェロールと呼ばれることもある成分です。酢酸トコフェロールは、a-トコフェロールと呼ばれる成分に化学的な手を加えることで得られる合成ビタミンEであり、たくさんの化粧品などに含まれています。期待できる効果としては、まずは子運坂作用が挙げられます。抗酸化作用はビタミンEの代表的な作用なのですが、疾病や老化を引き起こす原因ともされている活性酸素の働きから、体の細胞を守る働きのことで...

 
 

チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)は水溶性ビタミンB群の一種です。疲労回復に対して高い効果が期待できることから、疲労回復のビタミンとの異名で呼ばれることもあります。これはこの成分が、炭水化物の代謝過程に大きな役割を果たしているためです。炭水化物は体内に摂取されると糖質として、体を動かすために使用されるエネルギーに変換されます。この際には、その過程をスムーズにするための酵素が働いているのですが、チ...

 
 

リボフラビン(ビタミンB2)はあまり耳にしたことがない方も多いと思いますが、実は健康には欠かせない重要な役目をしてくれている成分なのです。リボフラビン(ビタミンB2)は成長を促す効果があります。成長というと大人には関係ないように思えますが、体の中では細胞や組織など、毎日新しく生まれては退化していきます。この代謝そのものも体の成長ですので、健康で若々しい体を維持するには成長力は重要になってきます。で...

 
 

ニコチン酸アミドと聞くと、ニコチンと言う言葉の響きからしてタバコと関係があり、あまり体に対して良くない成分なのでは、と思う人もいるかもしれません。ですがタバコに含まれているニコチンとこの成分とは、全くの別物です。更にこの成分には、美容に対して非常に大きな効果が期待できると言う特徴があります。ニコチン酸アミドによって期待できる効果としては、まずはメラニン色素の生成やその働きを抑制する作用です。メラニ...

 
 

パントテン酸カルシウムは、別の呼び方をするとビタミンB5と呼ばれる栄養素です。食品から供給する事もできますが、必要な量を補うために腸内細菌でも分泌することができます。どのような効果があるのかというと、副腎皮質ホルモンを合成するための手助け、そしてコレステロールを下げる働き、ビタミンCを助けて肌や髪を美しくしたり修復したりする、免疫力が高まる、ということが期待できます。では、もしもパントテン酸カルシ...

 
 

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)は、タンパク質代謝の際の主役となるビタミンで、さらに脂質の代謝にも欠かすことができない存在です。さらに、筋肉に貯蔵されているglycogenからのエネルギー生産にも関与しており、運動時のエネルギー供給において重要な役割を担っています。なお、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)は、皮膚炎などにも効果的で、免疫機能を正常な状態で保つことにより、抗アレルギー作用もあると考...

 
 

シアノコバラミン(ビタミンB12)は水溶性ビタミンB群の一種です。ミネラルのひとつであるコバルトを含んでいます。そのため暗赤色をしているのが特徴です。そしてその色が暗示している通り、血液中の赤血球と結合して酸素を運ぶ役割を担っているヘモグロビンを助ける作用があります。更に赤血球は約4ヶ月程度で寿命を終えるのですが、葉酸と結合して赤血球が作られるのをサポートする作用もあります。このことから、特に鉄分...

 
 

カルニチンと呼ばれる成分にはいくつかの種類があり、カルニチン塩化物はそのひとつに該当します。その効果として最も大きいのが、胃の蠕動運動を促進させると言う作用です。摂取した食事は胃に送られると、そこで胃酸などと混ざり合って撹拌され、お粥のような状態になって十二指腸へと送られていきます。胃がこのような役割を果たせるのは、蠕動運動が行われているためです。よって加齢や体調不良などによって胃が弱ってくると、...

 
 

安息香酸ナトリウムカフェインは、名前が示している通りの内容で、安息香酸ナトリウムとカフェインとの塩複合体です。具体的に期待できる効果は、大脳皮質と呼吸中枢及び血管運動中枢を興奮させることにより、疲労感や眠気を軽減して、頭痛を緩和するというものです。このために、安息香酸ナトリウムカフェインは一般的に、眠気や倦怠感、片頭痛の改善に使用されています。ちなみに、これらはカフェインによるもので、中枢神経を刺...

 
 

グリチルリチン酸一アンモニウムは、名前が示している通りの内容で、グリチルリチン酸にアンモニアが結合したものです。炎症を抑制する効果があるので、胃薬や鼻炎薬などに配合されています。これは、主にグリチルリチン酸の作用によるものです。ちなみに、グリチルリチン酸とは、マメ科の多年草で薬用植物としても知られているGlycyrrhizaの根の部分に含まれている有効成分で、sucroseの30倍から50倍の甘み...

 
 

セリ科トウキ属の植物の根を乾燥させ、それを粉末状にしたものがトウキ末です。トウキは60〜90センチ程度の高さを持っており、茎は赤く、複葉の葉は縁にぎざぎざがあります。夏から秋にかけて白い小花をつけます。セロリに似た強い香りを持っているのが特徴です。生薬として古くから使用されており、最もポピュラーなもののひとつと言うことができます。その効果は、まず体内に及ぼす作用としては温を持っています。そのことか...

 
 

高さが60センチ以上になることもあり、初夏には紅や白の花を咲かせるのがシャクヤクです。ボタン科であることから、その花はボタンに似て非常に美しく、立てばシャクヤク歩けばボタンと言う言葉もあるくらいです。シャクヤク末は、このシャクヤクの根から外皮を取り除いて乾燥させたものの粉末です。日本では古くから生薬として使用されています。生薬の効果を知るためには、その特性を知る必要があります。まず体内での熱寒性に...

 
 

ブクリョウ末は、サルノコシカケ科のマツホド菌の菌の核を乾燥させ、外皮を除去したものを粉末にしたものです。この菌は、伐採されて数年が経過したアカマツやクロマツの根に寄生しています。そして地中深さ20〜30センチあたりに、塊のような菌核を形成します。それを利用したこの粉末は、薬膳料理で使用されることも多く、これは生薬として使用されているため、健康に対して働きかけることが期待されているためです。ブクリョ...

 
 

キク科ホソバオケラの根茎を乾燥し、それを粉末にしたものがソウジュツ末です。日本にも生息しているのですが、あまり聞き慣れた名前ではないと言う方の方が多いかもしれません。高さは30〜60センチ程度で、葉は細長く先端が尖っており、秋に優しい白色の花をつける植物です。かつては梅雨時期には欠かせない植物として生活の中で利用されていました。それはこの植物には湿気を防ぐ作用があるためです。そのため現在でも、タン...

 
 

オモダカ科のサジオモダカ、その根茎を乾燥させたものを粉末にしたものがタクシャ末です。サジオモダカは、水湿地を好んで生える多年草で、春になるとスプーンの匙のような葉を出します。そして夏になると枝先に小さな白い花を咲かせ、次々と開花していきます。しかしこの花は、寿命としてはたった1日しかもちません。ただその半面、その葉が矢じりにも似ていることから武士に好まれ、武家の家紋として使用されてきたと言う歴史も...

 
 

センキュウ末は、セリ科の多年草、センキュウのひげ根を抜いたものを湯通しした後、乾燥させたものから作られた粉末のことです。独特の香りを持っているのが特徴で、特に魚はこの香りが大好物だと言われています。そのことから、猫にマタタビ、魚にセンキュウと言う言葉も存在しているくらいです。魚釣りに使用されるエサに含まれることがある一方で、生薬として使用されることも多くあります。生薬には、体内での熱寒性と味を示す...

 
 

ハンゲ末は、サトイモ科カラスビシャクの球茎の外皮を除いて乾燥させたものを粉末にしたものです。この球茎は、栗と非常に似ているのが特徴です。カラスビシャクは、日本でも北海道から沖縄まで見ることができる植物で、多年草の雑草です。種は僅かな数で、1つの場所にだいたい20粒前後だと言われています。サトイモ科の花は、総じて変わった形しているのが特徴なのですが、カラスビシャクもそれに該当します。非常に生命力が強...

 
 

ニンジン末は、ウコギ科に分類されるオタネニンジンの根を原料にする生薬で、漢方では滋養強壮や補気健脾の効果があるといわれています。一般的には高麗人参と呼ばれ、様々な健康食品でも使われています。摂取できる食品としては、韓国特産の人参茶が代表的なもので、飲めば体がよく温まります。ニンジン末に含まれるのは、サポニンの一種に分類されるジンセノサイドであり、抗糖尿病や血糖降下などの効能が知られています。漢方の...

 
 

最近の健康に関しては非常に多くの人が関心を持ち始めておりテレビ番組やインターネット情報でも数々のメディアで紹介されるようになってきました。そこで、より多くの人たちが正しい情報を受け取りさらには、配信していくためにも、きっちりとした判別ができるように基礎知識を身に付けていかなくてはなりません。そこで、最近では非常に多くの人に親しまれているスーパーヒアルロン酸に関しての効果について説明していきます。お...

 
 

肌は主に表皮と真皮の2層構造でできており、その真皮の約70パーセントが美肌成分のコラーゲンでできているといわれています。美肌といえば、コラーゲンと思う方も多いと思いますが、実はプラセンタエキスはコラーゲンよりも美肌効果が高いと言われています。プラセンタの成分を分析すると、大半がタンパク質でできており、その中にホルモンなどのさまざまな成分が含まれています。胎盤というくらいですので、当然、女性ホルモン...

 
 

肌は主に表皮と真皮の2層構造でできています。2層構造といってもその厚さなんと0.4mmから1.5mmととても薄く、手荒に扱ってしまえばすぐに肌は傷ついてしまいます。表皮を支えている真皮の中には、「繊維芽細胞」と呼ばれる美肌になる為にはとても重要な細胞が含まれていて、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出したり、それが古くなると、分解して処理してくれます。真皮の約70パーセントはコラーゲンからできていると...