アスコルビン酸(ビタミンC)の特徴と摂取できる食品

アスコルビン酸(ビタミンC)は合成されたビタミンCです。天然のものとの違いは「合成されたかどうか」という点だけで、化学式にすると全く同じものになり、サプリメントなどでは天然のものよりも安く購入できるのが特徴です。

 

アスコルビン酸(ビタミンC)の特徴は代表的なものでは美白や抗酸化作用です。
シミの原因となるメラニンの合成を抑えたり、すでに出来ているメラニン色素を薄くしてシミを目立たなくしたり、身体をさび付かせる活性酸の除去効果でアンチエイジング、肌のハリを保つために欠かせないコラーゲンの生成にも大きくかかわっています。

 

そのため、美容や健康にビタミンCを摂ることが勧められるわけですね。

 

アスコルビン酸(ビタミンC)が摂取できる食品はパプリカやパセリ、芽キャベツ、ゴーヤなどの野菜類や柚子やレモン、牡蠣、キウイなどのフルーツに多く含まれています。
酸っぱいというイメージがある成分ですが、食べたときにあまり酸味を感じない食品にも多く含まれています。食品から摂取するときにはその食品を毎日摂取することが重要です。

 

一度にたくさん食べても体内に蓄積することができないため、小まめに摂取することで身体の中で有効に働いてくれるようになるのです。
また、サプリメントなどでの過剰摂取は下痢などの胃腸障害を起こしてしまう可能性があるため注意が必要です。

 

>> アスコルビン酸が含まれているシワ対策薬

 

 

>> おでこのシワ対策クリーム

関連ページ

L-システイン
L-システインの特徴とL-システインが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つL-システインについてご紹介します。
DL-メチオニン
DL-メチオニンの特徴とDL-メチオニンが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つDL-メチオニンについてご紹介します。
ローヤルゼリー
ローヤルゼリーの特徴とローヤルゼリーが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つローヤルゼリーについてご紹介します。
ビタミンE散
ビタミンE散の特徴とビタミンE散が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つビタミンE散についてご紹介します。
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)の特徴とチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)についてご紹介します。
リボフラビン
リボフラビン(ビタミンB2)の特徴とリボフラビン(ビタミンB2)が摂取できる食品について解説します。
ニコチン酸アミド
ニコチン酸アミドの特徴とニコチン酸アミドが摂取できる食品について解説します。
パントテン酸カルシウム
パントテン酸カルシウムの特徴とパントテン酸カルシウムが摂取できる食品について解説します。
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)の特徴とピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)が摂取できる食品について解説します。
シアノコバラミン(ビタミンB12)
シアノコバラミン(ビタミンB12)の特徴とシアノコバラミン(ビタミンB12)が摂取できる食品について解説します。
カルニチン塩化物
カルニチン塩化物の特徴とカルニチン塩化物が摂取できる食品について解説します。
グリチルリチン酸一アンモニウム
グリチルリチン酸一アンモニウムの特徴とグリチルリチン酸一アンモニウムが摂取できる食品について解説します。
トウキ末
トウキ末の特徴とトウキ末が摂取できる食品について解説します。
シャクヤク末
シャクヤク末の特徴とシャクヤク末が摂取できる食品について解説します。
ブクリョウ末
ブクリョウ末の特徴とブクリョウ末が摂取できる食品について解説します。
ソウジュツ末
ソウジュツ末の特徴とソウジュツ末が摂取できる食品について解説します。
タクシャ末
タクシャ末の特徴とタクシャ末が摂取できる食品について解説します。
センキュウ末
センキュウ末の特徴とセンキュウ末が摂取できる食品について解説します。
ハンゲ末
ハンゲ末の特徴とハンゲ末が摂取できる食品について解説します。
ニンジン末
ニンジン末の特徴とニンジン末が摂取できる食品について解説します。
スーパーヒアルロン酸
スーパーヒアルロン酸が肌に良いといわれる理由について解説します。
繊維芽細胞
美肌に必要な繊維芽細胞とは何かを解説します。