ブクリョウ末の特徴と摂取できる食品

ブクリョウ末は、サルノコシカケ科のマツホド菌の菌の核を乾燥させ、外皮を除去したものを粉末にしたものです。
この菌は、伐採されて数年が経過したアカマツやクロマツの根に寄生しています。

 

そして地中深さ20〜30センチあたりに、塊のような菌核を形成します。
それを利用したこの粉末は、薬膳料理で使用されることも多く、これは生薬として使用されているため、健康に対して働きかけることが期待されているためです。

 

ブクリョウ末は、生薬としては平の特性を持っています。
これは熱、寒、どちらに傾くこともなく、ほどよい熱寒性を体内で発揮すると言う性質です。
味に対する特性は甘で、補う、養う、緩和すると言う作用があるとされています。

 

このような特性に加え、尿細管の再吸収を抑制する作用に優れていることから高い利尿効果が期待できるとされています。
また病後の体力増強作用があることから、薬効に対する働きかけにも良い影響を及ぼすとも言われています。

 

更に口腔内の渇きや尿量の減少にも良い働きをするとされており、加えて生理不順や生理痛、更年期における諸症状、女性ホルモンの変動による精神神経諸症状にも良いと言われています。
摂取できる食品としてはブクリョウ末が含まれた漢方がいちばんです。またこれが使用された薬膳料理、特にお粥なども、病後などには適しています。

 

>> ブクリョウ末が含まれているシワ対策医薬品

 

>> おでこのシワ対策

 

関連ページ

L-システイン
L-システインの特徴とL-システインが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つL-システインについてご紹介します。
DL-メチオニン
DL-メチオニンの特徴とDL-メチオニンが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つDL-メチオニンについてご紹介します。
ローヤルゼリー
ローヤルゼリーの特徴とローヤルゼリーが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つローヤルゼリーについてご紹介します。
アスコルビン酸
アスコルビン酸の特徴とアスコルビン酸が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つアスコルビン酸についてご紹介します。
ビタミンE散
ビタミンE散の特徴とビタミンE散が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つビタミンE散についてご紹介します。
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)の特徴とチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)についてご紹介します。
リボフラビン
リボフラビン(ビタミンB2)の特徴とリボフラビン(ビタミンB2)が摂取できる食品について解説します。
ニコチン酸アミド
ニコチン酸アミドの特徴とニコチン酸アミドが摂取できる食品について解説します。
パントテン酸カルシウム
パントテン酸カルシウムの特徴とパントテン酸カルシウムが摂取できる食品について解説します。
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)の特徴とピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)が摂取できる食品について解説します。
シアノコバラミン(ビタミンB12)
シアノコバラミン(ビタミンB12)の特徴とシアノコバラミン(ビタミンB12)が摂取できる食品について解説します。
カルニチン塩化物
カルニチン塩化物の特徴とカルニチン塩化物が摂取できる食品について解説します。
グリチルリチン酸一アンモニウム
グリチルリチン酸一アンモニウムの特徴とグリチルリチン酸一アンモニウムが摂取できる食品について解説します。
トウキ末
トウキ末の特徴とトウキ末が摂取できる食品について解説します。
シャクヤク末
シャクヤク末の特徴とシャクヤク末が摂取できる食品について解説します。
ソウジュツ末
ソウジュツ末の特徴とソウジュツ末が摂取できる食品について解説します。
タクシャ末
タクシャ末の特徴とタクシャ末が摂取できる食品について解説します。
センキュウ末
センキュウ末の特徴とセンキュウ末が摂取できる食品について解説します。
ハンゲ末
ハンゲ末の特徴とハンゲ末が摂取できる食品について解説します。
ニンジン末
ニンジン末の特徴とニンジン末が摂取できる食品について解説します。
スーパーヒアルロン酸
スーパーヒアルロン酸が肌に良いといわれる理由について解説します。
繊維芽細胞
美肌に必要な繊維芽細胞とは何かを解説します。