ブクリョウ末の効果と摂取できる食品

ブクリョウ末は、サルノコシカケ科のマツホド菌の菌の核を乾燥させ、外皮を除去したものを粉末にしたものです。
この菌は、伐採されて数年が経過したアカマツやクロマツの根に寄生しています。

 

そして地中深さ20〜30センチあたりに、塊のような菌核を形成します。
それを利用したこの粉末は、薬膳料理で使用されることも多く、これは生薬として使用されているため、健康に対して働きかけることが期待されているためです。

 

ブクリョウ末は、生薬としては平の特性を持っています。
これは熱、寒、どちらに傾くこともなく、ほどよい熱寒性を体内で発揮すると言う性質です。
味に対する特性は甘で、補う、養う、緩和すると言う作用があるとされています。

 

このような特性に加え、尿細管の再吸収を抑制する作用に優れていることから高い利尿効果が期待できるとされています。
また病後の体力増強作用があることから、薬効に対する働きかけにも良い影響を及ぼすとも言われています。

 

比較的、体力がある人の下腹部痛や胃内の水分停滞感、のぼせるが足は冷えると言った症状に効果的です。
更に口腔内の渇きや尿量の減少にも良い働きをするとされており、加えて生理不順や生理痛、更年期における諸症状、女性ホルモンの変動による精神神経諸症状にも良いと言われています。
摂取できる食品としてはブクリョウ末が含まれた漢方がいちばんです。またこれが使用された薬膳料理、特にお粥なども、病後などには適しています。

 

>> ブクリョウ末が含まれているシワ対策医薬品

 

>> おでこのシワ対策