シアノコバラミン(ビタミンB12)の特徴と摂取できる食品

シアノコバラミン(ビタミンB12)は水溶性ビタミンB群の一種です。ミネラルのひとつであるコバルトを含んでいます。
そのため暗赤色をしているのが特徴です。
そしてその色が暗示している通り、血液中の赤血球と結合して酸素を運ぶ役割を担っているヘモグロビンを助ける作用があります。

 

更に赤血球は約4ヶ月程度で寿命を終えるのですが、葉酸と結合して赤血球が作られるのをサポートする作用もあります。

 

更に神経細胞を正常に保つ働きもあるため、特に末梢神経に発生したダメージが原因として起こる肩こりや腰痛、手足の痺れなどに対しても関わりが深いビタミンです。

 

シアノコバラミン(ビタミンB12)を摂取できる食品としては以下のようなものが挙げられます。

 

まず魚介類においてはかつおやさんま、のりや筋子です。また肉類ではレバーに多く含まれており、乳製品ではチーズが代表的な食品として挙げられます。
食卓になじみの深い卵にも含まれているのは嬉しい点です。基本的には動物性食品にしか含まれていないと言うことを覚えておくと良いです。
シアノコバラミン(ビタミンB12)は肝臓にも蓄えられているため、不足すると言うことはほとんどないとされています。
一方、余剰に摂取しても必要の範囲内でしか吸収されないので、過剰摂取の心配も不要です。

 

>> シアノコバラミン(ビタミンB12)が含まれているシワ対策医薬品

 

>> おでこのシワ対策

 

関連ページ

L-システイン
L-システインの特徴とL-システインが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つL-システインについてご紹介します。
DL-メチオニン
DL-メチオニンの特徴とDL-メチオニンが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つDL-メチオニンについてご紹介します。
ローヤルゼリー
ローヤルゼリーの特徴とローヤルゼリーが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つローヤルゼリーについてご紹介します。
アスコルビン酸
アスコルビン酸の特徴とアスコルビン酸が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つアスコルビン酸についてご紹介します。
ビタミンE散
ビタミンE散の特徴とビタミンE散が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つビタミンE散についてご紹介します。
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)の特徴とチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)についてご紹介します。
リボフラビン
リボフラビン(ビタミンB2)の特徴とリボフラビン(ビタミンB2)が摂取できる食品について解説します。
ニコチン酸アミド
ニコチン酸アミドの特徴とニコチン酸アミドが摂取できる食品について解説します。
パントテン酸カルシウム
パントテン酸カルシウムの特徴とパントテン酸カルシウムが摂取できる食品について解説します。
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)の特徴とピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)が摂取できる食品について解説します。
カルニチン塩化物
カルニチン塩化物の特徴とカルニチン塩化物が摂取できる食品について解説します。
グリチルリチン酸一アンモニウム
グリチルリチン酸一アンモニウムの特徴とグリチルリチン酸一アンモニウムが摂取できる食品について解説します。
トウキ末
トウキ末の特徴とトウキ末が摂取できる食品について解説します。
シャクヤク末
シャクヤク末の特徴とシャクヤク末が摂取できる食品について解説します。
ブクリョウ末
ブクリョウ末の特徴とブクリョウ末が摂取できる食品について解説します。
ソウジュツ末
ソウジュツ末の特徴とソウジュツ末が摂取できる食品について解説します。
タクシャ末
タクシャ末の特徴とタクシャ末が摂取できる食品について解説します。
センキュウ末
センキュウ末の特徴とセンキュウ末が摂取できる食品について解説します。
ハンゲ末
ハンゲ末の特徴とハンゲ末が摂取できる食品について解説します。
ニンジン末
ニンジン末の特徴とニンジン末が摂取できる食品について解説します。
スーパーヒアルロン酸
スーパーヒアルロン酸が肌に良いといわれる理由について解説します。
繊維芽細胞
美肌に必要な繊維芽細胞とは何かを解説します。