シアノコバラミン(ビタミンB12)の効果と摂取できる食品

シアノコバラミン(ビタミンB12)は水溶性ビタミンB群の一種です。ミネラルのひとつであるコバルトを含んでいます。
そのため暗赤色をしているのが特徴です。
そしてその色が暗示している通り、血液中の赤血球と結合して酸素を運ぶ役割を担っているヘモグロビンを助ける作用があります。

 

更に赤血球は約4ヶ月程度で寿命を終えるのですが、葉酸と結合して赤血球が作られるのをサポートする作用もあります。
このことから、特に鉄分不足でも解消できないような貧血に対しては、高い効果が期待できる成分として知られています。

 

更に神経細胞を正常に保つ働きもあるため、特に末梢神経に発生したダメージが原因として起こる肩こりや腰痛、手足の痺れなどに対しても改善効果が期待できるとされています。

 

その他、睡眠やそのリズムを正常に導く作用もあるとされています。このようなことから積極的に摂取したいシアノコバラミン(ビタミンB12)ですが、摂取できる食品としては以下のようなものが挙げられます。

 

まず魚介類においてはかつおやさんま、のりや筋子です。また肉類ではレバーに多く含まれており、乳製品ではチーズが代表的な食品として挙げられます。
食卓になじみの深い卵にも含まれているのは嬉しい点です。基本的には動物性食品にしか含まれていないと言うことを覚えておくと良いです。
シアノコバラミン(ビタミンB12)は肝臓にも蓄えられているため、不足すると言うことはほとんどないとされています。
一方、余剰に摂取しても必要の範囲内でしか吸収されないので、過剰摂取の心配も不要です。

 

>> シアノコバラミン(ビタミンB12)が含まれているシワ対策医薬品

 

>> おでこのシワ対策