L-システインの効果とL-システインが摂取できる食品

L-システインは、もともとアミノ酸の一種なのでわたしたちの皮膚や髪の毛、爪などを構成している物質だということができます。なので新しい皮膚や髪の毛の新陳代謝、ターンオーバーを考えても欠かせない物質です。

 

とくに美肌との関連でいうと、シミやそばかすを予防するのにも関わる成分としてスキンケアや美容サプリメントなどに使用されることもあります。
紫外線を浴びると、肌の防御反応としてメラニンが生成されますが、このときにはたらく酵素がチロシナーゼといわれるものです。

 

L-システインには、このチロシナーゼを抑制するはたらきがあるため、紫外線をあびてメラニンができるのを防いでシミやそばかすができにくいようにしてくれるのです。
また、予防や抑制のみならず、すでにお肌にできてしまっているメラニンに関しても、ターンオーバーや新陳代謝を促すはたらきによって体外への排出を助けてくれるというのが特徴です。

 

このような美容に優秀なL-システインとなると積極的に取り入れたくなるものです。

 

ですが、摂取できる食品は実はほとんどないのが現状です。ただ、最初に言ったようにアミノ酸の一種なのでメチオニンという必須アミノ酸を多く含む豚肉やブロッコリー、にんにくや玉ねぎ、卵などを摂取すれば生成を助けられます。

 

>> L-システインが含まれている小じわ・シミ・そばかす対策の医薬品はこちら

 

>> おでこのシワ対策クリーム

関連ページ

DL-メチオニン
DL-メチオニンの特徴とDL-メチオニンが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つDL-メチオニンについてご紹介します。
ローヤルゼリー
ローヤルゼリーの特徴とローヤルゼリーが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つローヤルゼリーについてご紹介します。
アスコルビン酸
アスコルビン酸の特徴とアスコルビン酸が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つアスコルビン酸についてご紹介します。
ビタミンE散
ビタミンE散の特徴とビタミンE散が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つビタミンE散についてご紹介します。
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)の特徴とチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)についてご紹介します。
リボフラビン
リボフラビン(ビタミンB2)の特徴とリボフラビン(ビタミンB2)が摂取できる食品について解説します。
ニコチン酸アミド
ニコチン酸アミドの特徴とニコチン酸アミドが摂取できる食品について解説します。
パントテン酸カルシウム
パントテン酸カルシウムの特徴とパントテン酸カルシウムが摂取できる食品について解説します。
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)の特徴とピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)が摂取できる食品について解説します。
シアノコバラミン(ビタミンB12)
シアノコバラミン(ビタミンB12)の特徴とシアノコバラミン(ビタミンB12)が摂取できる食品について解説します。
カルニチン塩化物
カルニチン塩化物の特徴とカルニチン塩化物が摂取できる食品について解説します。
グリチルリチン酸一アンモニウム
グリチルリチン酸一アンモニウムの特徴とグリチルリチン酸一アンモニウムが摂取できる食品について解説します。
トウキ末
トウキ末の特徴とトウキ末が摂取できる食品について解説します。
シャクヤク末
シャクヤク末の特徴とシャクヤク末が摂取できる食品について解説します。
ブクリョウ末
ブクリョウ末の特徴とブクリョウ末が摂取できる食品について解説します。
ソウジュツ末
ソウジュツ末の特徴とソウジュツ末が摂取できる食品について解説します。
タクシャ末
タクシャ末の特徴とタクシャ末が摂取できる食品について解説します。
センキュウ末
センキュウ末の特徴とセンキュウ末が摂取できる食品について解説します。
ハンゲ末
ハンゲ末の特徴とハンゲ末が摂取できる食品について解説します。
ニンジン末
ニンジン末の特徴とニンジン末が摂取できる食品について解説します。
スーパーヒアルロン酸
スーパーヒアルロン酸が肌に良いといわれる理由について解説します。
繊維芽細胞
美肌に必要な繊維芽細胞とは何かを解説します。