安息香酸ナトリウムカフェインの特徴と摂取できる食品

安息香酸ナトリウムカフェインは、名前が示している通りの内容で、安息香酸ナトリウムとカフェインとの塩複合体です。具体的に期待できる効果は、大脳皮質と呼吸中枢及び血管運動中枢を興奮させることにより、疲労感や眠気を軽減して、頭痛を緩和するというものです。
このために、安息香酸ナトリウムカフェインは一般的に、眠気や倦怠感、片頭痛の改善に使用されています。

 

ちなみに、これらはカフェインによるもので、中枢神経を刺激する作用により精神機能を亢進して、眠気や倦怠感、疲労感を緩和するという仕組みです。
また、脳の血行を促進することで頭痛を抑える作用もあるので、片頭痛や高血圧による頭痛に対しても効果があることが確認されています。

 

なお、この安息香酸ナトリウムカフェインは、アンナカという略称でも呼ばれており、最も一般的に使用されているのは食品添加物としてです。
このために、基本的には医薬品に指定されているので、入手するためには医療機関による処方が必要となるのですが、微量であれば食品から摂取することも不可能ではありません。
これは、アンナカを添加物として使用しているものが存在しているからです。具体的に摂取できる食品としては、栄養ドリンクや清涼飲料水が代表的です。

 

>> 安息香酸ナトリウムカフェインが含まれているシワ対策医薬品

 

>> おでこのシワ対策

 

関連ページ

L-システイン
L-システインの特徴とL-システインが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つL-システインについてご紹介します。
DL-メチオニン
DL-メチオニンの特徴とDL-メチオニンが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つDL-メチオニンについてご紹介します。
ローヤルゼリー
ローヤルゼリーの特徴とローヤルゼリーが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つローヤルゼリーについてご紹介します。
アスコルビン酸
アスコルビン酸の特徴とアスコルビン酸が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つアスコルビン酸についてご紹介します。
ビタミンE散
ビタミンE散の特徴とビタミンE散が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つビタミンE散についてご紹介します。
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)の特徴とチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)についてご紹介します。
リボフラビン
リボフラビン(ビタミンB2)の特徴とリボフラビン(ビタミンB2)が摂取できる食品について解説します。
ニコチン酸アミド
ニコチン酸アミドの特徴とニコチン酸アミドが摂取できる食品について解説します。
パントテン酸カルシウム
パントテン酸カルシウムの特徴とパントテン酸カルシウムが摂取できる食品について解説します。
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)の特徴とピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)が摂取できる食品について解説します。
シアノコバラミン(ビタミンB12)
シアノコバラミン(ビタミンB12)の特徴とシアノコバラミン(ビタミンB12)が摂取できる食品について解説します。
カルニチン塩化物
カルニチン塩化物の特徴とカルニチン塩化物が摂取できる食品について解説します。
グリチルリチン酸一アンモニウム
グリチルリチン酸一アンモニウムの特徴とグリチルリチン酸一アンモニウムが摂取できる食品について解説します。
トウキ末
トウキ末の特徴とトウキ末が摂取できる食品について解説します。
シャクヤク末
シャクヤク末の特徴とシャクヤク末が摂取できる食品について解説します。
ブクリョウ末
ブクリョウ末の特徴とブクリョウ末が摂取できる食品について解説します。
ソウジュツ末
ソウジュツ末の特徴とソウジュツ末が摂取できる食品について解説します。
タクシャ末
タクシャ末の特徴とタクシャ末が摂取できる食品について解説します。
センキュウ末
センキュウ末の特徴とセンキュウ末が摂取できる食品について解説します。
ハンゲ末
ハンゲ末の特徴とハンゲ末が摂取できる食品について解説します。
ニンジン末
ニンジン末の特徴とニンジン末が摂取できる食品について解説します。
スーパーヒアルロン酸
スーパーヒアルロン酸が肌に良いといわれる理由について解説します。
繊維芽細胞
美肌に必要な繊維芽細胞とは何かを解説します。