ニコチン酸アミドの特徴と摂取できる食品

ニコチン酸アミドと聞くと、ニコチンと言う言葉の響きからしてタバコと関係があり、あまり体に対して良くない成分なのでは、と思う人もいるかもしれません。
ですがタバコに含まれているニコチンとこの成分とは、全くの別物です。

 

更にこの成分には、美容に対して役立つ働きが期待できると言う特徴があります。
ニコチン酸アミドによって期待できる働きとしては、まずはメラニン色素の生成やその働きを抑制する作用です。

 

メラニン色素はシミの原因であり、また肌の至る所で発生する色素沈着の原因でもあります。
これは物理的なダメージや紫外線を浴びることでどんどん発生し、肌に蓄積されていきます。で
すからこの成分を摂取することで、その働きを抑制することには美しい肌作りには欠かせないことだと言えます。また毛細血管や毛母細胞に働きかける作用もあることから、育毛剤のような働きを期待することもできます。

 

現に育毛剤の主成分としても使用されていることが多く、健康的な頭髪、そのために必要な土台である健康的な頭皮作りに大きな役割を果たします。
ニコチン酸アミドを摂取できる食品としては、レバーや生たらこ、ビンナガマグロ、干しシイタケやモロヘイヤ、卵黄、マイタケや落花生などが挙げられます。
ただしこの成分は過剰摂取をすると健康に影響を与える場合もあり、摂取量に関しては十分、気を付ける必要があります。

 

 

>> ニコチン酸アミドが含まれているシワ対策医薬品

 

 

>> おでこのシワ対策クリーム

関連ページ

L-システイン
L-システインの特徴とL-システインが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つL-システインについてご紹介します。
DL-メチオニン
DL-メチオニンの特徴とDL-メチオニンが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つDL-メチオニンについてご紹介します。
ローヤルゼリー
ローヤルゼリーの特徴とローヤルゼリーが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つローヤルゼリーについてご紹介します。
アスコルビン酸
アスコルビン酸の特徴とアスコルビン酸が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つアスコルビン酸についてご紹介します。
ビタミンE散
ビタミンE散の特徴とビタミンE散が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つビタミンE散についてご紹介します。
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)の特徴とチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)についてご紹介します。
リボフラビン
リボフラビン(ビタミンB2)の特徴とリボフラビン(ビタミンB2)が摂取できる食品について解説します。
パントテン酸カルシウム
パントテン酸カルシウムの特徴とパントテン酸カルシウムが摂取できる食品について解説します。
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)の特徴とピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)が摂取できる食品について解説します。
シアノコバラミン(ビタミンB12)
シアノコバラミン(ビタミンB12)の特徴とシアノコバラミン(ビタミンB12)が摂取できる食品について解説します。
カルニチン塩化物
カルニチン塩化物の特徴とカルニチン塩化物が摂取できる食品について解説します。
グリチルリチン酸一アンモニウム
グリチルリチン酸一アンモニウムの特徴とグリチルリチン酸一アンモニウムが摂取できる食品について解説します。
トウキ末
トウキ末の特徴とトウキ末が摂取できる食品について解説します。
シャクヤク末
シャクヤク末の特徴とシャクヤク末が摂取できる食品について解説します。
ブクリョウ末
ブクリョウ末の特徴とブクリョウ末が摂取できる食品について解説します。
ソウジュツ末
ソウジュツ末の特徴とソウジュツ末が摂取できる食品について解説します。
タクシャ末
タクシャ末の特徴とタクシャ末が摂取できる食品について解説します。
センキュウ末
センキュウ末の特徴とセンキュウ末が摂取できる食品について解説します。
ハンゲ末
ハンゲ末の特徴とハンゲ末が摂取できる食品について解説します。
ニンジン末
ニンジン末の特徴とニンジン末が摂取できる食品について解説します。
スーパーヒアルロン酸
スーパーヒアルロン酸が肌に良いといわれる理由について解説します。
繊維芽細胞
美肌に必要な繊維芽細胞とは何かを解説します。