パントテン酸カルシウムの特徴と摂取できる食品

パントテン酸カルシウムは、別の呼び方をするとビタミンB5と呼ばれる栄養素です。
食品から供給する事もできますが、必要な量を補うために腸内細菌でも分泌することができます。

 

パントテン酸カルシウムを摂取できる食品はというと、鳥や豚、牛のレバー、納豆、卵黄、魚卵、アボガドなどがあります。料理をするときに加熱すると、せっかくの栄養が壊れてしまうので、生で食べられるように工夫をしましょう。
1日あたり5ミリグラムが摂取量の目安ですから、摂取できる食品をそれほど大量に食べ無くても大丈夫です。

 

 

>> パントテン酸カルシウムが含まれているシワ対策医薬品

 

 

>> おでこのシワ対策クリーム

関連ページ

L-システイン
L-システインの特徴とL-システインが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つL-システインについてご紹介します。
DL-メチオニン
DL-メチオニンの特徴とDL-メチオニンが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つDL-メチオニンについてご紹介します。
ローヤルゼリー
ローヤルゼリーの特徴とローヤルゼリーが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つローヤルゼリーについてご紹介します。
アスコルビン酸
アスコルビン酸の特徴とアスコルビン酸が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つアスコルビン酸についてご紹介します。
ビタミンE散
ビタミンE散の特徴とビタミンE散が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つビタミンE散についてご紹介します。
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)の特徴とチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)についてご紹介します。
リボフラビン
リボフラビン(ビタミンB2)の特徴とリボフラビン(ビタミンB2)が摂取できる食品について解説します。
ニコチン酸アミド
ニコチン酸アミドの特徴とニコチン酸アミドが摂取できる食品について解説します。
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)の特徴とピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)が摂取できる食品について解説します。
シアノコバラミン(ビタミンB12)
シアノコバラミン(ビタミンB12)の特徴とシアノコバラミン(ビタミンB12)が摂取できる食品について解説します。
カルニチン塩化物
カルニチン塩化物の特徴とカルニチン塩化物が摂取できる食品について解説します。
グリチルリチン酸一アンモニウム
グリチルリチン酸一アンモニウムの特徴とグリチルリチン酸一アンモニウムが摂取できる食品について解説します。
トウキ末
トウキ末の特徴とトウキ末が摂取できる食品について解説します。
シャクヤク末
シャクヤク末の特徴とシャクヤク末が摂取できる食品について解説します。
ブクリョウ末
ブクリョウ末の特徴とブクリョウ末が摂取できる食品について解説します。
ソウジュツ末
ソウジュツ末の特徴とソウジュツ末が摂取できる食品について解説します。
タクシャ末
タクシャ末の特徴とタクシャ末が摂取できる食品について解説します。
センキュウ末
センキュウ末の特徴とセンキュウ末が摂取できる食品について解説します。
ハンゲ末
ハンゲ末の特徴とハンゲ末が摂取できる食品について解説します。
ニンジン末
ニンジン末の特徴とニンジン末が摂取できる食品について解説します。
スーパーヒアルロン酸
スーパーヒアルロン酸が肌に良いといわれる理由について解説します。
繊維芽細胞
美肌に必要な繊維芽細胞とは何かを解説します。