ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)の効果と摂取できる食品

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)は、タンパク質代謝の際の主役となるビタミンで、さらに脂質の代謝にも欠かすことができない存在です。
さらに、筋肉に貯蔵されているglycogenからのエネルギー生産にも関与しており、運動時のエネルギー供給において重要な役割を担っています。

 

なお、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)は、皮膚炎などにも効果的で、免疫機能を正常な状態で保つことにより、抗アレルギー作用もあると考えられています。
そして、神経伝達物質の合成にも関与しており、腸内細菌によって体内で合成されます。つまり、具体的にはたんぱく質や脂質の代謝を促進するとともに、皮膚や粘膜を正常に保つ効果があるということです。

 

ちなみに、この成分を摂取できる食品としては、レバー、バナナ、マグロ、カツオなどが代表的です。
ただし、腸内細菌により生成されるので、欠乏することはほとんどありません。また、食品として摂取した場合は過剰分は排出されるので、トラブルに見舞われる危険もほとんどありません。
ただし、サプリメントなどで摂取した場合は、感覚神経障害が発症するケースがあります。これは、感覚情報を伝達する神経が機能しなくなるからで、これを防ぐために摂取上限量が設定されています。

 

>> ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)が含まれているシワ対策医薬品

 

 

>> おでこのシワ対策クリーム