ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)の特徴と摂取できる食品

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)は、タンパク質代謝の際の主役となるビタミンで、さらに脂質の代謝にも欠かすことができない存在です。
さらに、筋肉に貯蔵されているglycogenからのエネルギー生産にも関与しており、運動時のエネルギー供給において重要な役割を担っています。

 

なお、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)は、皮膚炎などにも効果的で、免疫機能を正常な状態で保つことにより、抗アレルギー作用もあると考えられています。
そして、神経伝達物質の合成にも関与しており、腸内細菌によって体内で合成されます。つまり、具体的にはたんぱく質や脂質の代謝を促進するとともに、皮膚や粘膜を正常に保つ働きに関わっているということです。

 

ちなみに、この成分を摂取できる食品としては、レバー、バナナ、マグロ、カツオなどが代表的です。
ただし、腸内細菌により生成されるので、欠乏することはほとんどありません。また、食品として摂取した場合は過剰分は排出されるので、トラブルに見舞われる危険もほとんどありません。
ただし、サプリメントなどで摂取した場合は、感覚神経障害が発症するケースがあります。これは、感覚情報を伝達する神経が機能しなくなるからで、これを防ぐために摂取上限量が設定されています。

 

>> ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)が含まれているシワ対策医薬品

 

 

>> おでこのシワ対策クリーム

関連ページ

L-システイン
L-システインの特徴とL-システインが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つL-システインについてご紹介します。
DL-メチオニン
DL-メチオニンの特徴とDL-メチオニンが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つDL-メチオニンについてご紹介します。
ローヤルゼリー
ローヤルゼリーの特徴とローヤルゼリーが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つローヤルゼリーについてご紹介します。
アスコルビン酸
アスコルビン酸の特徴とアスコルビン酸が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つアスコルビン酸についてご紹介します。
ビタミンE散
ビタミンE散の特徴とビタミンE散が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つビタミンE散についてご紹介します。
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)の特徴とチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)についてご紹介します。
リボフラビン
リボフラビン(ビタミンB2)の特徴とリボフラビン(ビタミンB2)が摂取できる食品について解説します。
ニコチン酸アミド
ニコチン酸アミドの特徴とニコチン酸アミドが摂取できる食品について解説します。
パントテン酸カルシウム
パントテン酸カルシウムの特徴とパントテン酸カルシウムが摂取できる食品について解説します。
シアノコバラミン(ビタミンB12)
シアノコバラミン(ビタミンB12)の特徴とシアノコバラミン(ビタミンB12)が摂取できる食品について解説します。
カルニチン塩化物
カルニチン塩化物の特徴とカルニチン塩化物が摂取できる食品について解説します。
グリチルリチン酸一アンモニウム
グリチルリチン酸一アンモニウムの特徴とグリチルリチン酸一アンモニウムが摂取できる食品について解説します。
トウキ末
トウキ末の特徴とトウキ末が摂取できる食品について解説します。
シャクヤク末
シャクヤク末の特徴とシャクヤク末が摂取できる食品について解説します。
ブクリョウ末
ブクリョウ末の特徴とブクリョウ末が摂取できる食品について解説します。
ソウジュツ末
ソウジュツ末の特徴とソウジュツ末が摂取できる食品について解説します。
タクシャ末
タクシャ末の特徴とタクシャ末が摂取できる食品について解説します。
センキュウ末
センキュウ末の特徴とセンキュウ末が摂取できる食品について解説します。
ハンゲ末
ハンゲ末の特徴とハンゲ末が摂取できる食品について解説します。
ニンジン末
ニンジン末の特徴とニンジン末が摂取できる食品について解説します。
スーパーヒアルロン酸
スーパーヒアルロン酸が肌に良いといわれる理由について解説します。
繊維芽細胞
美肌に必要な繊維芽細胞とは何かを解説します。