リボフラビン(ビタミンB2)の特徴と摂取できる食品

リボフラビンはあまり耳にしたことがない方も多いと思いますが、実は健康には欠かせないビタミンであるビタミンB2です。
リボフラビン(ビタミンB2)は細胞の成長に関わるビタミンでもあります。成長というと大人には関係ないように思えますが、体の中では細胞や組織など、毎日新しく生まれては退化していきます。

 

この代謝そのものも体の成長ですので、健康で若々しい体を維持するには成長力は重要になってきます。
ですので、このリボフラビンをしっかりと摂取していくことで、健康維持に繋がります。

 

では、どうすれば積極的に摂取できるのでしょうか。摂取できる食品は多くあるので、そんなに難しいことではありません。
例えばウナギ、ドジョウ、サンマやブリ、レバー類には多く含まれています。また、野菜ではモロヘイヤ、菜の花、大豆に多いです。

 

また、乳製品全般にも多いので、日常的に摂取できるでしょう。もし多く摂取してしまっても、体にとって外になることはなく、自然と体外に排出されるので問題はありません。
不足してしまうと問題が出てしまうので、少ないよりは多い方が体にとっても負担はありませんので、積極的に摂取しましょう。

 

 

>> リボフラビン(ビタミンB2)が含まれているシワ対策医薬品

 

 

>> おでこのシワ対策クリーム

関連ページ

L-システイン
L-システインの特徴とL-システインが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つL-システインについてご紹介します。
DL-メチオニン
DL-メチオニンの特徴とDL-メチオニンが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つDL-メチオニンについてご紹介します。
ローヤルゼリー
ローヤルゼリーの特徴とローヤルゼリーが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つローヤルゼリーについてご紹介します。
アスコルビン酸
アスコルビン酸の特徴とアスコルビン酸が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つアスコルビン酸についてご紹介します。
ビタミンE散
ビタミンE散の特徴とビタミンE散が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つビタミンE散についてご紹介します。
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)の特徴とチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)についてご紹介します。
ニコチン酸アミド
ニコチン酸アミドの特徴とニコチン酸アミドが摂取できる食品について解説します。
パントテン酸カルシウム
パントテン酸カルシウムの特徴とパントテン酸カルシウムが摂取できる食品について解説します。
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)の特徴とピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)が摂取できる食品について解説します。
シアノコバラミン(ビタミンB12)
シアノコバラミン(ビタミンB12)の特徴とシアノコバラミン(ビタミンB12)が摂取できる食品について解説します。
カルニチン塩化物
カルニチン塩化物の特徴とカルニチン塩化物が摂取できる食品について解説します。
グリチルリチン酸一アンモニウム
グリチルリチン酸一アンモニウムの特徴とグリチルリチン酸一アンモニウムが摂取できる食品について解説します。
トウキ末
トウキ末の特徴とトウキ末が摂取できる食品について解説します。
シャクヤク末
シャクヤク末の特徴とシャクヤク末が摂取できる食品について解説します。
ブクリョウ末
ブクリョウ末の特徴とブクリョウ末が摂取できる食品について解説します。
ソウジュツ末
ソウジュツ末の特徴とソウジュツ末が摂取できる食品について解説します。
タクシャ末
タクシャ末の特徴とタクシャ末が摂取できる食品について解説します。
センキュウ末
センキュウ末の特徴とセンキュウ末が摂取できる食品について解説します。
ハンゲ末
ハンゲ末の特徴とハンゲ末が摂取できる食品について解説します。
ニンジン末
ニンジン末の特徴とニンジン末が摂取できる食品について解説します。
スーパーヒアルロン酸
スーパーヒアルロン酸が肌に良いといわれる理由について解説します。
繊維芽細胞
美肌に必要な繊維芽細胞とは何かを解説します。