美肌に必要な繊維芽細胞とは何か

肌は主に表皮と真皮の2層構造でできています。2層構造といってもその厚さなんと0.4mmから1.5mmととても薄く、手荒に扱ってしまえばすぐに肌は傷ついてしまいます。
表皮を支えている真皮の中には、「繊維芽細胞」と呼ばれる美肌になる為にはとても重要な細胞が含まれていて、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出したり、それが古くなると、分解して処理してくれます。

 

真皮の約70パーセントはコラーゲンからできているといわれていますが、加齢とともに代謝が悪くなったり、紫外線が肌の奥に入り込む事によって、ダメージを受けて衰えてしまいます。

 

その結果、肌に必要なコラーゲンなどを作り出す力が弱くなってしまい、さらには表皮を支える力も弱くなって、肌のハリや弾力が失われてしまうのです。繊維芽細胞がなければ美肌はないと言っても過言ではありません。
繊維芽細胞を守り、働きを良くする為にはまず紫外線防止で日焼け止めクリームを塗りましょう。そして、ビタミンCやアミノ酸など、肌の再生を助けてくれる成分を積極的に摂取しましょう。

 

喫煙はビタミンを破壊してしまうので、美肌を目指す人は控えた方が良いと思います。加齢に負けずに綺麗な肌を作っていきましょう。

 

>> おでこのシワ対策