美肌に必要な繊維芽細胞とは何か

肌は主に表皮と真皮の2層構造でできています。2層構造といってもその厚さなんと0.4mmから1.5mmととても薄く、手荒に扱ってしまえばすぐに肌は傷ついてしまいます。
表皮を支えている真皮の中には、「繊維芽細胞」と呼ばれる美肌になる為にはとても重要な細胞が含まれていて、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出したり、それが古くなると、分解して処理してくれます。

 

真皮の約70パーセントはコラーゲンからできているといわれていますが、加齢とともに代謝が悪くなったり、紫外線が肌の奥に入り込む事によって、ダメージを受けて衰えてしまいます。

 

その結果、肌に必要なコラーゲンなどを作り出す力が弱くなってしまい、さらには表皮を支える力も弱くなって、肌のハリや弾力が失われてしまうのです。繊維芽細胞がなければ美肌はないと言っても過言ではありません。
繊維芽細胞を守り、働きを良くする為にはまず紫外線防止で日焼け止めクリームを塗りましょう。そして、ビタミンCやアミノ酸など、肌の再生を助けてくれる成分を積極的に摂取しましょう。

 

喫煙はビタミンを破壊してしまうので、美肌を目指す人は控えた方が良いと思います。加齢に負けずに綺麗な肌を作っていきましょう。

 

>> おでこのシワ対策

関連ページ

L-システイン
L-システインの特徴とL-システインが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つL-システインについてご紹介します。
DL-メチオニン
DL-メチオニンの特徴とDL-メチオニンが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つDL-メチオニンについてご紹介します。
ローヤルゼリー
ローヤルゼリーの特徴とローヤルゼリーが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つローヤルゼリーについてご紹介します。
アスコルビン酸
アスコルビン酸の特徴とアスコルビン酸が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つアスコルビン酸についてご紹介します。
ビタミンE散
ビタミンE散の特徴とビタミンE散が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つビタミンE散についてご紹介します。
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)の特徴とチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)についてご紹介します。
リボフラビン
リボフラビン(ビタミンB2)の特徴とリボフラビン(ビタミンB2)が摂取できる食品について解説します。
ニコチン酸アミド
ニコチン酸アミドの特徴とニコチン酸アミドが摂取できる食品について解説します。
パントテン酸カルシウム
パントテン酸カルシウムの特徴とパントテン酸カルシウムが摂取できる食品について解説します。
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)の特徴とピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)が摂取できる食品について解説します。
シアノコバラミン(ビタミンB12)
シアノコバラミン(ビタミンB12)の特徴とシアノコバラミン(ビタミンB12)が摂取できる食品について解説します。
カルニチン塩化物
カルニチン塩化物の特徴とカルニチン塩化物が摂取できる食品について解説します。
グリチルリチン酸一アンモニウム
グリチルリチン酸一アンモニウムの特徴とグリチルリチン酸一アンモニウムが摂取できる食品について解説します。
トウキ末
トウキ末の特徴とトウキ末が摂取できる食品について解説します。
シャクヤク末
シャクヤク末の特徴とシャクヤク末が摂取できる食品について解説します。
ブクリョウ末
ブクリョウ末の特徴とブクリョウ末が摂取できる食品について解説します。
ソウジュツ末
ソウジュツ末の特徴とソウジュツ末が摂取できる食品について解説します。
タクシャ末
タクシャ末の特徴とタクシャ末が摂取できる食品について解説します。
センキュウ末
センキュウ末の特徴とセンキュウ末が摂取できる食品について解説します。
ハンゲ末
ハンゲ末の特徴とハンゲ末が摂取できる食品について解説します。
ニンジン末
ニンジン末の特徴とニンジン末が摂取できる食品について解説します。
スーパーヒアルロン酸
スーパーヒアルロン酸が肌に良いといわれる理由について解説します。