ソウジュツ末の特徴と摂取できる食品

キク科ホソバオケラの根茎を乾燥し、それを粉末にしたものがソウジュツ末です。
日本にも生息しているのですが、あまり聞き慣れた名前ではないと言う方の方が多いかもしれません。
高さは30〜60センチ程度で、葉は細長く先端が尖っており、秋に優しい白色の花をつける植物です。

 

かつては梅雨時期には欠かせない植物として生活の中で利用されていました。それはこの植物には湿気を防ぐ作用があるためです。
そのため現在でも、タンスの吸湿剤として使用されることもあります。生薬として使用される場合には、温と甘、辛の特性から、体を温め新陳代謝を亢進し、発散、停滞しているものを動かす作用、補養、緩和作用があるとされています。

 

このことからソウジュツ末には、水分代謝を盛んにして、利尿や発汗を促すと共に、胃腸を健康的に保つ効果があると言われています。
胃機能が低下している人をはじめ、下痢や排尿不利の人に用いられてきた歴史があるようです。

 

また全身に余分な水分が溜まってしまっていることによるむくみ、そのことによる四肢冷痛や身体疼痛にも用いられ、暑気あたりや急性胃腸炎にも有効だと言われています。
摂取できる食品としては、ソウジュツ末が含まれている漢方薬を使用するのがいちばんです。保存に際してはその特質上、湿気が少ない所に保管することが求められます。

 

>> ソウジュツ末が含まれているシワ対策医薬品

 

>> おでこのシワ対策

 

関連ページ

L-システイン
L-システインの特徴とL-システインが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つL-システインについてご紹介します。
DL-メチオニン
DL-メチオニンの特徴とDL-メチオニンが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つDL-メチオニンについてご紹介します。
ローヤルゼリー
ローヤルゼリーの特徴とローヤルゼリーが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つローヤルゼリーについてご紹介します。
アスコルビン酸
アスコルビン酸の特徴とアスコルビン酸が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つアスコルビン酸についてご紹介します。
ビタミンE散
ビタミンE散の特徴とビタミンE散が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つビタミンE散についてご紹介します。
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)の特徴とチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)についてご紹介します。
リボフラビン
リボフラビン(ビタミンB2)の特徴とリボフラビン(ビタミンB2)が摂取できる食品について解説します。
ニコチン酸アミド
ニコチン酸アミドの特徴とニコチン酸アミドが摂取できる食品について解説します。
パントテン酸カルシウム
パントテン酸カルシウムの特徴とパントテン酸カルシウムが摂取できる食品について解説します。
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)の特徴とピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)が摂取できる食品について解説します。
シアノコバラミン(ビタミンB12)
シアノコバラミン(ビタミンB12)の特徴とシアノコバラミン(ビタミンB12)が摂取できる食品について解説します。
カルニチン塩化物
カルニチン塩化物の特徴とカルニチン塩化物が摂取できる食品について解説します。
グリチルリチン酸一アンモニウム
グリチルリチン酸一アンモニウムの特徴とグリチルリチン酸一アンモニウムが摂取できる食品について解説します。
トウキ末
トウキ末の特徴とトウキ末が摂取できる食品について解説します。
シャクヤク末
シャクヤク末の特徴とシャクヤク末が摂取できる食品について解説します。
ブクリョウ末
ブクリョウ末の特徴とブクリョウ末が摂取できる食品について解説します。
タクシャ末
タクシャ末の特徴とタクシャ末が摂取できる食品について解説します。
センキュウ末
センキュウ末の特徴とセンキュウ末が摂取できる食品について解説します。
ハンゲ末
ハンゲ末の特徴とハンゲ末が摂取できる食品について解説します。
ニンジン末
ニンジン末の特徴とニンジン末が摂取できる食品について解説します。
スーパーヒアルロン酸
スーパーヒアルロン酸が肌に良いといわれる理由について解説します。
繊維芽細胞
美肌に必要な繊維芽細胞とは何かを解説します。