タクシャ末の特徴と摂取できる食品

オモダカ科のサジオモダカ、その根茎を乾燥させたものを粉末にしたものがタクシャ末です。
サジオモダカは、水湿地を好んで生える多年草で、春になるとスプーンの匙のような葉を出します。

 

そして夏になると枝先に小さな白い花を咲かせ、次々と開花していきます。
しかしこの花は、寿命としてはたった1日しかもちません。ただその半面、その葉が矢じりにも似ていることから武士に好まれ、武家の家紋として使用されてきたと言う歴史もあります。

 

アジアだけでなく欧州やアフリカなどでも生産されていますが、生薬として使用されるものはほとんどが輸入されたものです。
タクシャ末の特性は、寒で、これはより強く消炎や解熱、鎮痛の作用を体に及ぼす特性です。

 

一方、味についての特性は甘で、これには補養や緩和作用があるとされています。
このことから水分代謝を調節し、不要な水分を排出する性質があるとされています。

 

小便不利や尿道炎、膀胱炎と言った排尿に関するトラブルに対しては勿論のこと、胃の中がちゃぽちゃぽするような胃内停水、水潟性の下痢、急性胃腸炎と言った胃に対するトラブルに用いられてきた歴史があります。
更に冷えやむくみに対する改善効果、生理不順にも用いられています。

 

タクシャ末を摂取できる食品としては、漢方などに配合されたものが最も適切です。
また食用のクワイもオモダカ科に属しているので、この成分を摂取することが期待できます。

 

>> タクシャ末が含まれているシワ対策医薬品

 

>> おでこのシワ対策

 

関連ページ

L-システイン
L-システインの特徴とL-システインが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つL-システインについてご紹介します。
DL-メチオニン
DL-メチオニンの特徴とDL-メチオニンが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つDL-メチオニンについてご紹介します。
ローヤルゼリー
ローヤルゼリーの特徴とローヤルゼリーが摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つローヤルゼリーについてご紹介します。
アスコルビン酸
アスコルビン酸の特徴とアスコルビン酸が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つアスコルビン酸についてご紹介します。
ビタミンE散
ビタミンE散の特徴とビタミンE散が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つビタミンE散についてご紹介します。
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)の特徴とチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)が摂取できる食品について解説します。おでこのしわ対策に役立つチアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)についてご紹介します。
リボフラビン
リボフラビン(ビタミンB2)の特徴とリボフラビン(ビタミンB2)が摂取できる食品について解説します。
ニコチン酸アミド
ニコチン酸アミドの特徴とニコチン酸アミドが摂取できる食品について解説します。
パントテン酸カルシウム
パントテン酸カルシウムの特徴とパントテン酸カルシウムが摂取できる食品について解説します。
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)の特徴とピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)が摂取できる食品について解説します。
シアノコバラミン(ビタミンB12)
シアノコバラミン(ビタミンB12)の特徴とシアノコバラミン(ビタミンB12)が摂取できる食品について解説します。
カルニチン塩化物
カルニチン塩化物の特徴とカルニチン塩化物が摂取できる食品について解説します。
グリチルリチン酸一アンモニウム
グリチルリチン酸一アンモニウムの特徴とグリチルリチン酸一アンモニウムが摂取できる食品について解説します。
トウキ末
トウキ末の特徴とトウキ末が摂取できる食品について解説します。
シャクヤク末
シャクヤク末の特徴とシャクヤク末が摂取できる食品について解説します。
ブクリョウ末
ブクリョウ末の特徴とブクリョウ末が摂取できる食品について解説します。
ソウジュツ末
ソウジュツ末の特徴とソウジュツ末が摂取できる食品について解説します。
センキュウ末
センキュウ末の特徴とセンキュウ末が摂取できる食品について解説します。
ハンゲ末
ハンゲ末の特徴とハンゲ末が摂取できる食品について解説します。
ニンジン末
ニンジン末の特徴とニンジン末が摂取できる食品について解説します。
スーパーヒアルロン酸
スーパーヒアルロン酸が肌に良いといわれる理由について解説します。
繊維芽細胞
美肌に必要な繊維芽細胞とは何かを解説します。