チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)の効果と摂取できる食品

チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)は水溶性ビタミンB群の一種です。
疲労回復に対して高い効果が期待できることから、疲労回復のビタミンとの異名で呼ばれることもあります。
これはこの成分が、炭水化物の代謝過程に大きな役割を果たしているためです。炭水化物は体内に摂取されると糖質として、体を動かすために使用されるエネルギーに変換されます。

 

この際には、その過程をスムーズにするための酵素が働いているのですが、チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)は小腸で吸収された後、リン酸と結合してこの酵素の働きを助ける補酵素になると言う特徴を持っています。
そのため、エネルギーが作られやすくなり、疲労回復に効果が期待できると成分だと言われているわけです。

 

またこの他にも、神経機能を正常に保つ際にも役割を果たしていると言われています。
糖質は、脳が正常に働く際にも使用されるエネルギーです。そのため近年では、認知症との関係も深い成分としても知られています。
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)を摂取できる食品としては、にんにく、豚肉、玄米ご飯が代表的なものとしては挙げられます。

 

水溶性のビタミンなので、汗をかくと必然、その濃度は低下していきます。ですから特に夏場などにおいては、こうした食品から積極的に摂取することが望まれる成分とも言えます。

 

>> チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)が含まれているシワ対策医薬品

 

 

>> おでこのシワ対策クリーム