マリオネットラインとは?

マリオネットラインができる理由とは?

マリオネットラインは、主に肌にたるみが生じることによってできます。
顔の皮膚は顔の筋肉・表情筋によって支えられているので、加齢などの影響でこれらの筋肉が衰えると皮膚が重力に逆らうことができずにそのまま垂れ下がってしまいます。

 

また、肌のたるみは、肌の新陳代謝の低下によってコラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、エラスチンといった肌を構成する成分が十分に作られなくなることによっても起こります。

 

マリオネットラインとは、口の両端の付近から顎の方に向かって下りていく縦ジワのラインのことで、このシワができるとまるで口をパクパクと動かす操り人形(マリオネット)のように見えることに由来します。

 

マリオネットライン予防するには

マリオネットラインを予防するには、顔の筋肉・表情筋を鍛えるとともに、肌の新陳代謝をよくすることが基本と言われています。
顔の筋肉・表情筋を鍛えるには、顔の筋肉強化に繋がるストレッチや血行を良くするマッサージがおすすめです。

 

また、肌の弾力の低下は加齢の影響も大きいですが、紫外線や不規則な生活、過度のストレスなどの影響で体内で活性酸素が増えて血行が悪化したり、偏った食生活の影響で肌に必要な栄養素が供給されなかったりといった原因でも引き起こされるので、まずは生活習慣を見直してみましょう。

 

なお、マリオネットラインは小鼻の横から下に向かってできるほうれい線と重なって「二重ほうれい線」と呼ばれるラインをつくることが多く、こうなると実年齢よりも老けて見えてしまうので、早めに予防策を講じることが重要といえます。

 

マリオネット線対策のマッサージ方法

マッサージを行う際には、乳液やクリームを塗ってから行います。
マリオネット線の始点から耳下腺、鎖骨に向かって人差し指を鍵型にして左右になぞり老廃物を流していきます。

  1. 左右各5回程度が目安です。
  2. 次に、右頬に空気を入れてふくらませます。
  3. あご、左頬、鼻の下と空気を漏らさないように口を閉じた状態で移動させていきます。
  4. 5周したら次は、頬を思い切りすぼめた女歌を5秒程度維持します。
  5. 最後に口を閉じた状態のまま、ベロを歯の表面に沿って回していきます。

左右各20回程度が目安です。

 

痩せてほっそりした人でもマリオネット線はあらわれる場合もあり、他にも最近では30代でもマリオネット線ができる人が増えており、若々しい口元をキープするためには、上記のようなエクササイズを積極的に行うことです。

 

 

マリオネットライン,口,皮膚,筋肉,衰え

関連ページ

ほうれい線予防のスキンケア法
ほうれい線を予防するために行っておくべきスキンケア法について解説します。洗顔の時やスキンケアアイテムを使った予防をする時の注意点やおすすめのエクササイズ方法をご紹介しています。
ゴルゴ線とは?
ゴルゴ線とは顔に現れるどのようなしわの症状なのか?顔の老化現象によって現れるゴルゴ線が出来てしまう原因や対策方法についての情報をご紹介しています。
ゴルゴ線を消す方法
ゴルゴ線は加齢ととも顔に現れるしわの種類です。肌の老化によってたるみやが起きてしまい目の下から伸びてしまうシワを解消する治療やマッサージ方法をご紹介しています。
ゴルゴ線の解消を目指す方
ゴルゴ線の解消を目指す方注目の医薬品・ロスミンローヤルの特徴をご紹介します。