カルニチン塩化物の特徴と摂取できる食品

カルニチンと呼ばれる成分にはいくつかの種類があり、カルニチン塩化物はそのひとつに該当します。
その働きとして最も大きいのが、胃の蠕動運動を促進させると言う働きです。

 

摂取した食事は胃に送られると、そこで胃酸などと混ざり合って撹拌され、お粥のような状態になって十二指腸へと送られていきます。

 

胃がこのような役割を果たせるのは、蠕動運動が行われているためです。
よって加齢や体調不良などによって胃が弱ってくると、蠕動運動も行われにくくなります。

 

その結果、胃もたれや胸やけと言った症状が出やすくなります。

 

更に蠕動運動だけではなく、胃液の分泌を促す、胃の血行を促進するといった働きにも関わっており、カルニチン塩化物は、胃の機能を正常に保つのに関わる成分であるということが判ります。

 

カルニチン塩化物を摂取できる食品としては、羊肉や牛肉などの赤みが代表的なものとして挙げることができます。
これらの食品には、同じカルニチンの仲間であるL-カルニチンも豊富に含まれています。

 

>> カルニチン塩化物が含まれているシワ対策医薬品

 

>> おでこのシワ対策