ローヤルゼリーの特徴とローヤルゼリーが摂取できる食品

ローヤルゼリーとは働きバチから作られる成分で、働きバチが花から集めてきたハチミツと花粉を体内で分解し、消化したものがローヤルゼリーとなります。
働きバチの唾液腺から分泌される乳白色の液体で、別名「王乳」とも呼ばれています。

 

なぜその名が付けられたのかというと、女王バチだけが食べることができる特別なハチミツだからなのです。
これを主食にしている女王バチは寿命が長く、栄養価が高いことで知られています。

 

様々な栄養バランスに長けた成分なのが特徴です。健康や美容に必要なビタミンやミネラル、たんぱく質、糖質、脂質などの五大栄養素全てを含んでいて、とてもバランスが良いのです。
サプリメントから摂るのが一般的ですが、摂取できる食品としては、独特な酸味が利いた味がする甘味料として、わずかながら販売もされているようです。

 

ハチミツと比べ糖質を10%程度しか含んでいないのも特徴です。
ローヤルゼリーは、栄養バランスの乱れをサポート、甘味料として摂取できる食品でもあります。

 

>> DL-メチオニンが含まれている医薬品・ロスミンローヤル

 

 

>> おでこのシワ対策クリーム